新築オーナーインタビュー新築オーナーインタビュー

「ドイツの家」を建てられたきっかけは?
素敵な「ドイツの家」の看板がきっかけに。大きな屋根と頑丈そうな造りが印象的でした。

「ドイツの家」を建てられたきっかけは?

素敵な「ドイツの家」の看板がきっかけに。 大きな屋根と頑丈そうな造りが印象的でした。

父がゴルフでたまたまオスモ&エーデル本社の側を通りかかり、とても素敵な「ドイツの家」の看板を見て教えてくれたのがきっかけです。急勾配の大きな屋根と頑丈そうな造りが印象的でした。


ご入居されてから3年ちょっとになりますね。「ドイツの家」に住まれてのご感想は?
夏は涼しく、冬は暖かな断熱性や、自然の恩恵をふんだんに受けられるのがとても快適です。

ご入居されてから3年ちょっとになりますね。
「ドイツの家」に住まれてのご感想は?

夏は涼しく、冬は暖かな断熱性や、自然の恩恵をふんだんに受けられるのがとても快適です。


そうですね。とても快適です。
とにかく自然の恩恵をふんだんに受けられるということでしょうか。
家自体の断熱や窓の断熱性がとても良いので、暖房や冷房が以前より必要なくなりました。夏の暑さからも断熱されるので、よほどの時以外はあまりクーラーもつけないのですよ。大きな窓を開けて風を通せば、とても快適です。
もちろん、冬の暖房も同じことです。
家全体が暖かいので、旧宅のように朝寒くて布団から出にくいといったようなことが少なくなりました。
この子たちも(愛犬のルパンとゴエモン)も無垢の床材がとても気に入っています。
冬は窓辺で木のぬくもりを感じながら、おなかを床にぺたっとくっつけてとても気持ち良さそうにお昼寝しています。夏はキッチンのタイルの上がベストポジションのようです。(笑)

お気に入りのスペースは?
広いリビングスペースと、大きな窓から光がたっぷり入ってくるダイニングキッチンが大好きです。

お気に入りのスペースは?

広いリビングスペースと、大きな窓から光がたっぷり入ってくるダイニングキッチンが大好きです。

私は広いリビングスペースで休日にゆったりと音楽を聞いたり、TVを見たりして過ごすのが大好きですね。
天井が高いのとたくさん木が使ってあるのとで、ゆとり感と癒し感があり、日々の疲れが取り除かれるスペースです。
あと、2階の主寝室もとても広くて、オスモのオークの無垢の床材の上で座ってお気に入りの銘柄の焼酎を呑んだりするのが楽しみです。
妻はやはりダイニングキッチンですかね。
共働きのライフスタイルを十分考慮して頂いて、忙しい朝でも動きやすい動線になっています。
そして何より嬉しいのが、南東のコーナーや東側に大胆にとってある大きな窓のお陰でダイニングキッチンがとても明るいのです。
朝は夫婦で過ごせる貴重な時間ですので、毎朝明るく気持ちの良いスペースで一日の始まりを迎えられることがとても幸せに感じます。
2階のファミリースペースはこの家のスペシャルシートなんですが、そこは2匹の子供たちにすっかり占領されています。(笑)
やはりこの子達は居心地の良い場所は良く知っていますね。

「ドイツの家」に住まれて何か旧宅と違ったことはありますか?
収納スペースがとてもたくさんあるので、収納第一の考え方になりました。

「ドイツの家」に住まれて何か旧宅と違ったことはありますか?

収納スペースがとてもたくさんあるので、収納第一の考え方になりました。

そうですね、収納スペースがとてもたくさん取ってあるので、収納に関しての考え方が違ってきたようです。
にかく収納第一に考えて、余計なものをそのへんに出しておかなくなりました。これがドイツ流っていうのですかね。
なんかすっきりと暮らせるようになった気がします。

お庭もずいぶんと表情がでてきていますね。
最初は悩みましたが、やっていくうちにどんどん構想が浮かんできました。

お庭もずいぶんと表情がでてきていますね。

最初は悩みましたが、やっていくうちにどんどん構想が浮かんできました。

これもドイツ流(?)で、植木は全部自分たちでやっています。
二人であれこれ考えながら、手探りですけど・・・。
最初はどんな木をどんな風に植えれば良いのかと随分悩みましたが、やっていくうちにだんだん構想が浮かんでくるものですね。(笑)
まだまだ途中ですがこれからどうしようかととても楽しみです。
また、色々とお話しを聞かせてくださいね。

● 担当スタッフより 立地を活かして愛犬と健康に暮らせる「ドイツの家」
● 担当スタッフより立地を活かして愛犬と健康に暮らせる
「ドイツの家」

このお宅は高台にあり南面に宝塚の街を一望でき、日当り・風通し・周囲の緑等素晴らしい立地条件でした。それを生かして、若いご夫婦が朝陽をいっぱい浴びて体内時計を毎日調整でき、さらに愛犬たちにも快適な、健康でいられる家づくりを心がけました。それにこの家は収納空間が多いのも大きな特徴の一つです。近くに住まれるお父様に「いい家だ」と誉めて頂いたのが嬉しかったです。

  • 恵まれた住宅環境を最大限に活かしたドイツの家。
  • 日本の田園風景に溶け込むドイツの家。