[ドイツの家]はZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の普及を推進します。

我が国では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。

オスモ&エーデル[ドイツの家]のZEH普及率目標は下記の通りです。

ZEH普及割合※ 2016年度実績
(未登録)
2017年度実績
20%以上
2018年度実績
30%以上
2019年度実績
40%以上
2020年度実績
50%以上
普及実績 未登録        
ZEH普及割合※ 2016年度実績
(未登録)
普及実績 未登録
2017年度実績
20%以上
2018年度実績
30%以上
   
2019年度実績
40%以上
2020年度実績
50%以上
   

※当社が新築する住宅におけるZEH(Nearly ZEHを含む)の占める割合。

「ZEHビルダー」

上記政策目標とその達成に向けたZEHロードマップに基づき、自社が受注する住宅のうちZEH(Nearly ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標を揚げ、ZEH住宅の普及に努める事業者が「ZEHビルダー」として登録されます。

新築オーナーインタビュー