ブログ

夏場の暑さ対策に効果抜群「外付けブラインド ヴァレーマ」

家の快適性を求める上で欠かせないことの一つが夏場の日射エネルギー対策。
日本でも「よしず」や「すだれ」が使用されてきましたが、環境先進国でスタンダードとされているのが外付けブラインドです。

とりわけドイツ生まれのヴァレーマは眺望や通風、採光をそのままに窓から入る日射エネルギーを約80%をカット可能という最新のブラインドシステム。

「ドイツの家」では夏場の日射エネルギー対策として高性能断熱樹脂サッシ「エーデルフェンスター」と組み合わせて導入しています。

夏場の日射エネルギー対策とは

南の窓は冬場の日射エネルギーをたくさん取得するために大きくする必要がありますが、同時に増えた夏場の日射エネルギーをカットする必要があります。

また夏場の日射エネルギーは南よりも東と西の方が強くなります。
そのため、夏場の室内の温度上昇を防ぐには東西の窓の日射エネルギーをカットすることも効果的です。

対策として室内にブラインドを取り付けることがありますが、室内ではすでに熱が室内に入ってしまっているため光を遮断することはできても、日射エネルギーをカットする効果は限定的です。

特に日射時間が長い地域にお住まいの方や、窓が大きい家は外付けブラインドシステムを活用することで夏場でも室内を快適に保つことができます。

リモコン一つで一括操作が可能

リモコンの1つのチャンネルに複数のヴァレーマを登録することで一括操作が可能。
リビングだけでなく、寝室に取り付けた場合も閉じる角度を指定できるためプライバシー確保にも役立ちます。

また春や秋といった季節は日射エネルギー量こそ同じとされているものの、春は暖かく感じて秋は肌寒く感じるなど人によって感じ方が異なります。
ヴァレーマがあれば、気分に合わせて日射エネルギーや光の量を調整できるため、心身ともに快適に過ごすことができます。

樹脂サッシ+外付けブラインド=ドイツの窓

弊社の高性能断熱樹脂サッシ「エーデルフェンスター」は外付けブラインドシステム 「ヴァレーマ」を組み合わせることで「ドイツの窓」システムとして完成します。

特にパッシブデザインで家全体の断熱レベルを上げながら南側に大きな窓を設置した場合、夏にオーバーヒートしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

これから普及が進む外付けブラインド

外付けブラインドはお客様にとってまだ聞き慣れない建材かもしれませんが、家の設計時に行う温熱計算のパラメーター項目に加わるなど断熱を考える上では一般化しつつあります。

また外付けブラインドは実用性もさることながらスタイリッシュなデザインが注目されている建材の一つ。
これから家を建てる予定の方はぜひ参考にしてみてください。

この記事を共有する

その他最新ブログ

世界中で愛される自然塗料「オスモカラー」の魅力とは?

「ドイツの家」のパッシブデザイン5要素とは?

人生の半分は整理整頓

【施工事例】人がたくさん集う家 三田市Y様邸

なぜ無垢フローリングが重要なのか

知る人ぞ知るベックシュタインのドイツワイン

CONTACT
「ドイツの家」に関するご質問・ご相談に
関してはこちらからお問い合わせください。