ブログ

ドイツのクリスマスについてのお話

日本では12月24日からクリスマスと言われますが、ドイツでは12月25日のクリスマスまでの4週間をドイツではアドヴェントと呼び、街の雰囲気もクリスマス仕様に様変わりします。

ドイツには地域毎に何百年も受け継がれてきた様々なクリスマスの習慣があり、今ではクリスマスを家族だけでなく、様々な信仰を持つ友人とも一緒に過ごす日としてお祝いします。

アドヴェント期間中のドイツはどこへ行ってもクリスマス風に装飾され、かわいらしい屋台が並びグリューワインやバニラキプフェルを楽しむことができます。ちなみにドイツ観光局によると、ドイツでは大都市だけでも2,500ものクリスマスマーケットがあるそうです!

そこで本日は日本でもドイツのクリスマス気分を味わっていただくためにグリューワインとバニラキプフェルのレシピをご紹介します!

・バニラキプフェル(Vanillekipferl)のつくり方

バニラキプフェルは三日月型のクリスマスの定番クッキー。サクサクほろほろの食感です!

材料
バター 175g
薄力粉 230g
アーモンドパウダー 100g
グラニュー糖 100g
バニラビーンズ 1/2本
卵黄 2個
レモンの皮 1/2個分
仕上げ用粉砂糖 適量
1. バターを常温に戻し、薄力粉とアーモンドパウダーをふるっておく。
2. バターにグラニュー糖、バニラビーンズ、レモンの皮を入れ、よく混ぜる。
3. 2に薄力粉とアーモンドパウダーを加えてさらに混ぜる。
4. 卵黄を加えて、さっくりと混ぜる。
5. 生地を棒状にまとめる。ラップにくるんで冷蔵庫で1時間休ませる。
6. 休ませた生地を冷蔵庫から出し、ナイフで約1cmの厚さに切る。
7.クッキングシートの上に生地を三日月型に並べ、生地が緩くなってきたら冷蔵庫で冷やす
8. 180度のオーブンで約8分焼く。(先が色づくまで)
9. オーブンから取り出し、熱いうちにパウダーシュガーを振りかける
10. 冷めてからもう一度パウダーシュガーをかけて完成!
(ドイツ大使館公邸料理人小林シェフのレシピより)


・グリューワイン(Glühwein)のつくり方
ドイツのクリスマスマーケットやホームパーティーに欠かせません。

材料
赤ワイン 1本
オレンジ 1個
りんご 1/2個
シナモンステック 1本
クローブ 2-3個
砂糖 (ざらめ) 大さじ1杯
カルダモン、オールスパイス、バニラ・エッセンスなど 少々

1. オレンジは皮をむき、わた部分をとって縦に切り幅約1cmにカット。りんごは皮をつけたまま、5mmぐらいのいちょう切りに
2. 赤ワインを鍋に入れ弱火で人肌程度に温める。
3. お茶パックに入れたクローブとシナモンを2の鍋に入れる。お好みでカルダモンとオールスパイスを少々
4. うっすらと湯気が立ちだしたら1のオレンジとりんごを鍋に入れ弱火でさらに温める
5. 再び温まったら、砂糖を入れ、よくかき混ぜる
6. 沸騰直前に火を消しお好みでバニラ・エッセンスを数滴入れてできあがり
*ワインは沸騰させないように注意してください
*パーティーのときには、赤ワイン2、3本分を1度に作り、魔法瓶に入れておけば、2時間ほど温かいままおいしくいただけます
(ドイツ総領事館ブリギッテのレシピより)

この記事を共有する

その他最新ブログ

ドイツの家のスタッフ紹介|設計士 永木 靖久

新築注文住宅を建てるならどんな土地がいいか?

神戸市北区柏尾台の新モデルハウス紹介

クレイペイントの魅力とは?

2022年、ありがとうございました

ドイツのクリスマスについてのお話

CONTACT
「ドイツの家」に関するご質問・ご相談に
関してはこちらからお問い合わせください。